Home > スポンサー広告 > 第一章 PCを自作するために必要なもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://tabunoretyuni.blog100.fc2.com/tb.php/8-db25a691
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from それ、たぶん俺です。

Home > スポンサー広告 > 第一章 PCを自作するために必要なもの

Home > 自作PC講座 > 第一章 PCを自作するために必要なもの

第一章 PCを自作するために必要なもの

皆様どうもこんにちわ!!

今回から早速自作するために必要な知識を紹介して行きたいと思います!!

皆様はPCの中身を見たことがありますか?

人により個人差はありますが、大抵のPCはこのような感じです

1


なんかゴチャゴチャしてるようなすっからかんなような感じがしますよねw

ゴチャゴチャなのは置いといて、すっからかんなのにはちゃんと意味があります。

PCいうものは当然電気を使っているわけですから熱も出ます。

同時にPCのパーツはとても繊細なので熱にはすごく弱いのです。

ですから発生した熱を逃がすためにも空洞というのは大きな意味があるのです。

これを一般的に『エアーフロー(空気の流れ)』と言います。

エアーフローが悪いとPC内部に熱がこもって中の部品が故障する等のトラブルが発生します。

正直事故ったら笑えませんwww

今回これだけはよく覚えておいてください!!



PCは熱に弱い



人間もサウナの中で暴れまわったら倒れちゃいますよね?www

PCも人も同じなんです!!

しかし最近は小型のPCなどもあります。

例えばこんなの

2.jpg


このパソコンは幅27cm、奥行39.3cm、高さ21.2cmとかなりの小型です。

中身はもちろんそれ用に企画の小さい部品を使っていますが、中の空洞は一般的なものよりもかなり狭いです。

そのようなPCはどうしているのか

それは追々説明していきますので今回は省略させてもらいます。




ではこっから本題に入りたいと思います。(本当はエアーフローの話をする気はなかったw)

PCを動かすのに必要なものは一つではないんです!!

PCを動かす為には最低5つのパーツが必要になります。

1、電源ユニット
2、マザーボード(基板)
3、CPU(中央演算処理装置)
4、メモリ
5、HDD(ハードディスクドライブ)

早速挫折ポイントですwww

ですがこれらが最も重要なので最低この5つは覚えてください。

では1つずつ簡単に説明します。


1、電源ユニット
言わずもがな、PCに電気を供給する部品です。
これが無くては話になりませんwww
電源ユニットは人間で例えるならばさしずめ電気という血液を送り出す「心臓」と言ったところでしょうかw

例えばこんなの

3



2、マザーボード
皆様は基板というものはご存知ですよね?
PCに限らずゲーム機や家電など多くのものに使われています。
そもそも基板とは簡単に言えばパーツごとを繋ぐためのただの板ですw
人と人を繋ぐ「友情」のようなものです(キリッ
PCのパーツは全てこの基板であるマザーボードの上に乗せます。
例のごとく人間で例えるならば体を支える「骨」と言ったところですねw

説明だけじゃわからないと思うのでこんなのです

4



3、CPU
日本名で中央処理装置、または中央演算処理装置などと訳されます。
なんとも仰々しい名前ですねwww
簡単に言えばこのCPUが莫大な情報や算数を処理してくれます。
たぶん皆様はCore2DuoやCore2Quadという名前を聞いたことがあるかと思います。
それらもCPUの内の一つです。
例えるまでもありませんがCPUは人間で言うならば「脳」に当たりますw

例えばこんなの

5



4、メモリ
メモリとはCPUが計算をしやすいようにCPUが直接読み込みや書き込みができる装置です。
上手く説明しにくいのでやっぱり例え話になってしまいますが、メモリは人間と言うより勉強するための「学習机」と言った方がしっくりきますw
メモリには情報を書き込む事のできる容量が決まっていまして、『容量=机の面積』ととらえていただければわかりやすいかと思います(´∀`;)
机が広ければ広いほどたくさんノートや参考書を開けて勉強の効率もよくなりますよね?
そんな感じですwww
詳しくはまた追々説明させてもらいます。

これがメモリDA☆

6



5、HDD
これは皆さんよくわかってらっしゃるかと思いますwww
情報を記録する装置ですねw
でもそれじゃあメモリとどう違うのかって疑問に思う方もいるかと思います。
さっきはメモリのことを「学習机」と例えましたよね?
対してHDDは例えるならば「ノート」に当たります。
メモリという机の上でCPUが色々操作します。
そして出た結果をHDDと言うノートに書き込んで保存するわけです。
これも詳しくは追々説明しますので今は「ノートなんだぁ」程度と思ってもらって構いませんwww

これがHDDです。

7



最重要のパーツの説明は以上です。

今回は導入編として軽ーく説明しましたw

上記のパーツ以外にもグラフィックボード、サウンドカード、SSD、光学ドライブetc...と様々なパーツがあります。

それらは順次説明して行きますのでご安心くださいwww

では、次回は今回紹介した中で最も重要視するべき【CPU】について説明して行きたいと思います!!

それでは

ノシ
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://tabunoretyuni.blog100.fc2.com/tb.php/8-db25a691
Listed below are links to weblogs that reference
第一章 PCを自作するために必要なもの from それ、たぶん俺です。

Home > 自作PC講座 > 第一章 PCを自作するために必要なもの

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。