Home

それ、たぶん俺です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

第0章 まえがき

皆様どうもこんにちわ!!

この日記を読んでいる方の大半は私の実況動画を見て飛んできてくれたのかと思いますw

まずこの場を借りてお礼申し上げたいと思います。

ここまで来てくださり誠にありがとうございます!!

これからもたぶん俺をよろしくお願いしますor2

さて、本題に入りたいと思います。

皆様は自作PCと聞いてどういった印象をうけるでしょうか?


変な横文字が並んでて難しそう
これ、お高いんでしょう?
自作PC?キモーイwwwPC自作するなんてオタクがすることだよねー、キャハハハハhwwww


答えはNOです!!

確かにアルファベットの略語やちょっとした難しい言葉は出てきます。

しかし、すぐに覚えなくても色々見ていくうちに簡単に覚えられます!!

確かに物によっては値が張ります。

しかし、極普通に使用するPCであれば3万円に納めることもできます!!

オタクがするもの?

何勘違いしてやがる!!

とまぁそんなこんなで色々と誤解されやすいものですが

基本的に抑えるところさえ抑えてしまえば組立自体はプラモデルを作るより簡単です!!

「それ、たぶん俺です。」では自身の理解を深める為も兼ねて自作PCに興味がある、良いPCとはなにか知りたい、そんな人の為に私なりにわかりやすく教えたいと思います!!

実際私自身初めてPCを自作してから日は浅いので、皆様と同じ視点で教えることができると思っていますwww

皆さんもこれを機に自作PCに挑戦されてみてはどうでしょう?

次回からは少し詳しくお話したいと思います。

それでわ

ノシ

第一章 PCを自作するために必要なもの

皆様どうもこんにちわ!!

今回から早速自作するために必要な知識を紹介して行きたいと思います!!

皆様はPCの中身を見たことがありますか?

人により個人差はありますが、大抵のPCはこのような感じです

1


なんかゴチャゴチャしてるようなすっからかんなような感じがしますよねw

ゴチャゴチャなのは置いといて、すっからかんなのにはちゃんと意味があります。

PCいうものは当然電気を使っているわけですから熱も出ます。

同時にPCのパーツはとても繊細なので熱にはすごく弱いのです。

ですから発生した熱を逃がすためにも空洞というのは大きな意味があるのです。

これを一般的に『エアーフロー(空気の流れ)』と言います。

エアーフローが悪いとPC内部に熱がこもって中の部品が故障する等のトラブルが発生します。

正直事故ったら笑えませんwww

今回これだけはよく覚えておいてください!!



PCは熱に弱い



人間もサウナの中で暴れまわったら倒れちゃいますよね?www

PCも人も同じなんです!!

しかし最近は小型のPCなどもあります。

例えばこんなの

2.jpg


このパソコンは幅27cm、奥行39.3cm、高さ21.2cmとかなりの小型です。

中身はもちろんそれ用に企画の小さい部品を使っていますが、中の空洞は一般的なものよりもかなり狭いです。

そのようなPCはどうしているのか

それは追々説明していきますので今回は省略させてもらいます。




ではこっから本題に入りたいと思います。(本当はエアーフローの話をする気はなかったw)

PCを動かすのに必要なものは一つではないんです!!

PCを動かす為には最低5つのパーツが必要になります。

1、電源ユニット
2、マザーボード(基板)
3、CPU(中央演算処理装置)
4、メモリ
5、HDD(ハードディスクドライブ)

早速挫折ポイントですwww

ですがこれらが最も重要なので最低この5つは覚えてください。

では1つずつ簡単に説明します。


1、電源ユニット
言わずもがな、PCに電気を供給する部品です。
これが無くては話になりませんwww
電源ユニットは人間で例えるならばさしずめ電気という血液を送り出す「心臓」と言ったところでしょうかw

例えばこんなの

3



2、マザーボード
皆様は基板というものはご存知ですよね?
PCに限らずゲーム機や家電など多くのものに使われています。
そもそも基板とは簡単に言えばパーツごとを繋ぐためのただの板ですw
人と人を繋ぐ「友情」のようなものです(キリッ
PCのパーツは全てこの基板であるマザーボードの上に乗せます。
例のごとく人間で例えるならば体を支える「骨」と言ったところですねw

説明だけじゃわからないと思うのでこんなのです

4



3、CPU
日本名で中央処理装置、または中央演算処理装置などと訳されます。
なんとも仰々しい名前ですねwww
簡単に言えばこのCPUが莫大な情報や算数を処理してくれます。
たぶん皆様はCore2DuoやCore2Quadという名前を聞いたことがあるかと思います。
それらもCPUの内の一つです。
例えるまでもありませんがCPUは人間で言うならば「脳」に当たりますw

例えばこんなの

5



4、メモリ
メモリとはCPUが計算をしやすいようにCPUが直接読み込みや書き込みができる装置です。
上手く説明しにくいのでやっぱり例え話になってしまいますが、メモリは人間と言うより勉強するための「学習机」と言った方がしっくりきますw
メモリには情報を書き込む事のできる容量が決まっていまして、『容量=机の面積』ととらえていただければわかりやすいかと思います(´∀`;)
机が広ければ広いほどたくさんノートや参考書を開けて勉強の効率もよくなりますよね?
そんな感じですwww
詳しくはまた追々説明させてもらいます。

これがメモリDA☆

6



5、HDD
これは皆さんよくわかってらっしゃるかと思いますwww
情報を記録する装置ですねw
でもそれじゃあメモリとどう違うのかって疑問に思う方もいるかと思います。
さっきはメモリのことを「学習机」と例えましたよね?
対してHDDは例えるならば「ノート」に当たります。
メモリという机の上でCPUが色々操作します。
そして出た結果をHDDと言うノートに書き込んで保存するわけです。
これも詳しくは追々説明しますので今は「ノートなんだぁ」程度と思ってもらって構いませんwww

これがHDDです。

7



最重要のパーツの説明は以上です。

今回は導入編として軽ーく説明しましたw

上記のパーツ以外にもグラフィックボード、サウンドカード、SSD、光学ドライブetc...と様々なパーツがあります。

それらは順次説明して行きますのでご安心くださいwww

では、次回は今回紹介した中で最も重要視するべき【CPU】について説明して行きたいと思います!!

それでは

ノシ

第二章 CPUについて

皆さんこんにちわ!!

今回から各パーツごとについて詳しく説明して行きたいと思います!!

今回のテーマは【CPU】Death☆

CPUってなんぞと

第一章では人間の「脳」に例えましたね。

まぁ前回も見せましたがCPUとはこんなパーツです

5


大きさ的にはたぶん最も普及してるだろうCore2Duoを例とすると

幅195×奥行き185×高さ75mm

すごく・・・小さいです。

手の平にすっぽり収まりますw

裏側はこうなっています

8


ビンビンですwww

トゲトゲですwww

このピンは針金で出来ています。

簡単に折れます。

しかしこの中の一本でも折ろうものならPCは起動しなくなります。

正直笑えませんwww

私は一度経験済みですorz

今回これだけは覚えといてください。

パーツは過保護なくらい慎重に扱いましょう

特にCPUを落としてピンを折った等の人為的な損傷には保証が効かないのでまた買い直すなんていう惨事になりかねません。

もう一度言います

パーツは慎重に扱うべし!!

これで覚えましたねwww


CPUを作っているメーカーは大きく分けて2社です。

まずは「インテル入ってる」でお馴染みのintel社です!!

皆さんお馴染みCore2シリーズや最近話題のCore i7等のシリーズはこのintel社の製品です。

一般的には皆intel社のCPUを使っています。

ロゴはこんなんですね

intel.jpg


続きましてはintel社のライバル会社AMD社です!!

普段あまり耳にする機会は少ないかもしれませんが「AMD至上主義」という言葉ができるほど根強い人気のある会社です。

今現在の主なAMD社のCPUと言えばPhenomⅡシリーズとAthlonⅡシリーズです!!

かく言う私も今はAMD社のCPUを使っていますwww

この会社の大きな特徴はなんといってもintel社とは比べものにならないくらいのコストパフォーマンスを売りとしています。

要は中堅の性能で滅茶苦茶安いってことですwww

ロゴはこんなんですね

amd.jpg


感覚としては

・性能のintel
・価格のAMD

そんな感じで捉えてくれても良いかもしれませんw

この2社以外にもCPUを作ってる会社はあるのですが覚える必要性はありませんw

正直俺も知りませんwww



とまぁ会社の紹介は一旦置いておきます。


たった2社と言ってもそのバリエーションは多種多様でどれを選べば良いかわからないかと思います。

CPUを選ぶ際に最も重要視されることはそのPCを作った後の用途です!!

例えばモンハンやバイオなどの高負荷なゲームをヌルヌル動かすPCにしたいとか

快適にインターネットが出来る程度でいいとか

もちろんゲームの実況プレイに適したPCにしたいとか

そういう用途をまずしっかり決めなければなりません。

それによりCPUに限らずその他のパーツを選ぶ基準も変わってきます。

では、用途を絞ったと仮定して次の話に進みたいと思います。



沢山あるCPU、では一体何が違うのでしょうか?

着目する点はこちら

・価格
・コア数
・クロック数
・キャッシュ
・対応ソケットの形状
・TDP

この6つですw

挫折せずに頑張りましょう!!www



・価格
言わずもがなですねw
かなりの廉価版であれば2000円程度で買えちゃいますwww
まぁ上を見ると10万超えのものもありますw
基本的には8000円~3万円くらいの中で選ぶことになります。
絶対とは言えませんが8割方価格と性能は一致すると考えても良いかもしれません。

現在ベターなCPUの簡単な価格表を書いておきます。
かなり見にくいですが参考になれば幸いです


・1万円以下~1万円前後
intel:Celeronシリーズ、Pentiumシリーズ、Core i3
AMD:AthlonⅡ系

・1万円半ば~2万円前後
intel:Core2Duo、Core2Quad、Core i5
AMD:PhenomⅡ系

・2万円半ば~3万円
intel:Core i7
AMD:なし




・コア数
そもそもコアってなんぞ?って思うかもしれません。
正式名称「プロセッサコア
マイクロプロセッサと呼ばれるPC内で基本的な演算処理を行う半導体チップの中核部分であり、1次キャッs(ry

要は「脳」ですwww

このコアに色々な計算をするための回路が入っています。
名前から大体は察することができますねw
数年前までは一つのCPUにコアは一つが主流と言うか当たり前でした。
これを「シングルコア」と呼びます。
しかし近年、マイクロプロセッサの微細化や高速化やらで一つのCPUにコアを複数搭載して作業を分担させて高速化をはかったCPUが登場した。
現在、コア数は二個か四個が一般的です。
これをそれぞれ「デュアルコア」、「クァッドコア」と言います。
複数コアがある物を総称して「マルチコア」と呼んだりもします。

ではコアの違いによって何がどう変わるのかを話したいと思います。
最もわかりやすいのがエンコード速度です。
エンコードというのは簡単に言いますとサイズの大きい動画などを小さいサイズの形式に圧縮することを言います。
実況者なら嫌と言うほどよく聞く言葉ですねwww
このエンコード作業にCPUのコア数が大きく関わります。
当然コアが多い方が一つのコアが受け持つ作業量が少ないわけですからとても早く処理することができます。
他にグラフィックボードなどが関わるとまた結果が変わりますがやはりクァッドコアが断然早いですw
エンコード以外に差を感じられると言えばマルチタスクだと思います。
複数のブラウザやファイルを開いたときにシングルコアよりもやはりマルチコアの方が動作が快適になりますw

各CPUのコア数は以下のとおりです
2コア:Celeron D、Core2Duo、Core i3、PhenomⅡX2、AthlonⅡX2
3コア:PhenomⅡX3、AthlonⅡX3
4コア:Core2Quad、Core i5、Core i7、PhenomⅡX4、AthlonⅡX4

余談ですがintel社のCore i7はハイパースレッディング・テクノロジーという技術により本当は4コアなのに8コアとして扱うことができます。
そのため、エンコードはさることながらその他マルチコアを活用する場では段違いの性能を発揮しますwww




・クロック数
聞き慣れない言葉だと思います。
クロック周波数や単純に周波数やクロックと呼ぶ場合もあります。
簡潔に言えば「頭の回転の速さ」と考えてもらって構いませんwww
同じパーツ構成のPCで比較しますとこのクロック数が高い方が性能が良いと言うことになります。
高負荷のPCゲームをする目的の場合、コア数よりもこのクロック数を重視してCPUを選ぶ方が良いそうですw

ちょっとした小技としてクロック数を定格以上に設定して稼働させると言う荒業も存在します。
これを「オーバークロック」と言います。
当然クロック数を上げるわけですから処理能力も上げただけ高くなります。
ですがオーバークロック(OC)をした場合当然メーカーも保証をしてくれません。
最近は手軽にOCをするソフトなどもありますがよっぽどのことが無い限りOCをする必要性が皆無ですから私はお勧めしませんw




・キャッシュ
これも聞き慣れない言葉だと思います。
これもメモリやHDD同様CPU内部にある記憶装置です。
使用頻度の高いデータを記録して高速に読み取ることができます。
このキャッシュには「1次キャッシュ」「2次キャッシュ」「3次キャッシュ」があります。
要は段階に分けて記録するための層です。
CPUによっては3次キャッシュが無い物もあります。

キャッシュに関しては遺憾ながら正直あまり詳しく理解はしていません(´Д`;)
なんとなくしか理解できてないので上手く説明はできませんが、1次キャッシュは最も高速にデータを読み込めますが容量は小さいです。
もし1次キャッシュに欲しいデータが無かった場合は1次よりちょっと遅いけど大容量な2次キャッシュに読み込みに行きます。
基本的に2次キャッシュにない場合はCPUから飛び出してメモリに読み込みに行きます。
しかし、3次キャッシュがあるCPUならばメモリより3次キャッシュを優先的に読み込みに行きます。

何が重要かというと、このキャッシュの容量が大きい方がキャッシュより読み込む速度が遅いメモリを読み込む頻度が減るので総じて処理能力が高くなると言うことです。
曖昧で申し訳ないですor2



・対応ソケットの形状
CPUに限らずほとんどのパーツには差込口(ソケット)の形状が決まっています。
CPUのシリーズごとに対応するマザーボードのソケットが違うので注意が必要です。
実物を見るとソケットは違っても一見同じもののように見えます。
ですがピンの位置などが微妙に違っているため形状が合わないとはめることが不可能ですw
ソケットの形状にはそれぞれ名前がついています。

現在主流のCPUとそれに対応するソケットの名称を書いておきますのでマザーボードを購入する場合は本品の仕様と以下の表を照らし合わせて購入を検討してくださいw

intel編
LGA775 :Celeron D、Celeron Dual-Core、Core2Duo、Core2Quad、Core2Extreme
LGA1156:Core i3、Core i5、Core i7 800系
LGA1366:Core i7 900系

AMD編
Socket AM3:AthlonⅡ、PhenomⅡ

恐らくこの先新製品が出回った頃にまた新たな規格が出るかもしれません。
もしこの表の中に無いものを購入しようとしている方はググッてみるとすぐ出てきますのでそちらを参考にしてみてくださいw




・TDP
はい、出ました略語www
これはCPUがフル稼働した時の最大放熱量を表しています。
放熱量と書いていますが表示されるときは大体W(ワット)ですwww
これは詳しく書かなくてもご理解いただけるかと思いますw
要はTDPの値が少ない方が省エネで発熱も少ないと覚えてもらえればそれでおkです。

省エネに関して秀でているCPUと言えばCore2Duoです。

電力なんて気にしないからおkと考えてるそこのあなた!!
確かに要は電気代をちょっと多く払えば良いだけのような気もしますが、それだけではないんです!!
TDPの値が大きいほどそれだけ発熱量も多くなると言うことです。
となればそれなりに大型のCPUクーラーやエアーフロー対策を万全にしなければPC内部に熱がこもってパフォーマンスの低下に繋がります。
それとTDPは電源ユニットを購入する際にも役立ちます。
もし買った電源の容量が間違って必要電力に満たないものだとしたらPCは動きません。
なのでその参考にもなる値ですのでちゃんと確認してみてください!!



以上がCPUを購入する際に抑えておきたいポイント6ヶ条でした。

この中で特に重要視するのは「ソケットの形状」です。

購入の際は絶対に確認しておいてください!!



少し余談のような話になってしまいますが、私なりの各CPUの評価と言うか見解を載せたいと思います。
雑誌などで集めた情報なのでかなり偏見だらけですが参考程度に見てみてくださいw

intel編
・Celeronシリーズ
Core2Duoの廉価版です。
価格は相当安いのですがやはり廉価版だけあって性能はあまりよろしくありません。
しかし特に何もせずにネットサーフィン程度の用途であれば普通に使えるのでとにかく安く普通に使えるPCが欲しい人には丁度いいかもしれませんw

・Core2Duo
定番中の定番ですね。
パフォーマンスも良くさらに低燃費である点から世代は古くなってもまだまだ存在感のあるCPUだと思いますw

・Core2Quad
ちょっとお金に余裕がある人用のCPUですかねw
パフォーマンスも当然良くやはりまだまだ存在感のあるCPUだと思います。

・Core i3
偏見ですがなにか地味ですw
発売したばかりなのであまり詳しくはわかりませんが、性能的には悪くはない程度かと思います。
値段は1万円強と言うことで最新機種ながらコストパフォーマンスは素晴らしいと思いますw

・Core i5
噂によるとゲーミングマシンには最適なCPUらしいですwww
あんまりよくはわかりませんがintelのクァッドコアにしては価格も手頃で性能も申し分ないのでなかなかよさげな感じがしますw

・Core i7
正直かなり衝撃を受けましたwww
高負荷のゲームを3つ同時起動させてもパフォーマンスが落ちないとか化物かとwww
エンコード速度も異次元レベルですw
ですが価格が2万円後半と言うことでかなり余裕のある人なら勝手損は無いと思いますw


AMD編
・PhenomⅡシリーズ
性能に対する価格はとても手頃ですw
PhenomⅡX4ですと性能的にはCore2Quadと同レベルですが、価格ではこちらが5000円以上安いですw
ただ難点としてTDPが少し高めなのが若干不安ではありますが安価で良いPCを作りたい人には丁度いいCPUだと思いますw

・AthlonⅡシリーズ
安い!!
もうそれに限りますwww
私は現在AthlonⅡX3を使用していますが、購入価格はなんと6000円www
それでいて性能はそこそこ良いですw
やはりコア数の差から性能的にはCore2DuoとCore2Quadの間くらいになりますが、ハードに使わない限りは何らストレスも無いのでギリギリの理性を残しつつ安価でPCを作りたい人に是非オススメしたいCPUですねwww



少しは参考になったでしょうか?

CPUを選ぶ際のコツとしては性能と価格のバランスを見極めることが自分にあったCPUを選ぶ秘訣になると思いますw

いくら安くても性能が悪かったらストレスの原因にしかなりませんし、性能が良くてもべらぼうに高かったらCPU以外のランクを下げるか全てそれなりに良いものを揃えなければならないのであまり経済的にはよろしくないかと思いますw

私の個人的な考えですが、あまりCPUの性能にこだわり過ぎないでストレスを感じない程度にランクを落として、それ以外のパーツで良いものを買うと言った方が幸せになれると思いますwww

ご購入なさる際はあまり見栄をはらずに自分のしたいことをよく見極めてじっくり考えて買うことをお勧めしますw

自作PCはパーツを選んでいる時期が一番楽しいですからね♪

ではここらで今回の講座は終了したいと思います。

次回は【マザーボード】について説明して行きたいと思います!!

それでわ

ノシ

第三章 マザーボードについて

皆様どうもこんにちわ!!

少し間が開いて申し訳ありませんor2

言い忘れましたが何か質問、書き方についてのご要望等ございましたら遠慮せずコメントしてくださいw

出来る限りサポートしていきたいと思います(`・ω・´)




さて前置きは置いといて今回は【マザーボード】について色々説明して行きます!!


前も見せましたがこういう物ですね


4




第一章ではマザーボードのことを骨に例えましたね。

いくらCPUやら電源やらHDDやらを集めてもそれらだけではただのパーツなのです。

PCとはこのマザーボードがあって初めて形となるのだ!!(キリッ

要は集めたパーツを全部このマザーボード(M/B、MBなどと略される)にブッ差す♂のですwww

正直マザーボードについての説明はこれだけで十分ですwww

しかしそうはい神崎

それじゃぁただの育児放棄なのでもっと詳しく説明したいと思いますw




マザーボードは基板です。

単体ではただの板なので複雑な内部構成などはありません

では購入の際はどこを見れば良いのか

ポイントは以下のとおりです


・フォームファクタ
・CPUソケットの形状
・メモリの規格
・チップセットの種類
・主要パーツの接続方式
・オンボード機能の有無
・見た目
・付属ソフト


とりあえず思いつくのはこれくらいです。

では例のごとく個別に説明しましょう。




・フォームファクタ
マザーボードにはサイズがあります。
そのサイズを【フォームファクタ】と呼びます。
現在の主流はATXとmicroATXです。
ATXが一番大きいサイズになります。
microATXは小型のPCを作るときに用いられます。
PCケースを買うときはマザーボードのフォームファクタに合ったサイズのものを買わないとネジ穴などの位置が違ったり、ケースに入りきらないなどのトラブルが発生しますので注意が必要です。
microATXにも長所はありますが、変な形のPCを作らないのであればATXにするべきだと思いますw




・CPUソケットの形状
これは第二章で説明したとおりです。
自分が選んだCPUの規格に合ったソケットのマザーボードを選ばなくてはなりません。
これに関しては前の章を参考にしてください。





・メモリの規格
まだメモリに関しては何も説明はしていませんが、メモリの規格には大きく分けてデスクトップPC用とノートPC用2種類あります。
今回はデスクトップPC用の講座なのでノートPC用には触れないつもりです。
言わずもがなですがデスクトップ用とノート用は単純に大きさが違いますw
デスクトップ用はすごく・・・大きいです///
後々詳しく説明しますが、さらにメモリには上とは別にこれまた大きく分けて【DDR】【DDR2】【DDR3】の3種類の規格があります。
今回重要なのはこの三つです。
最近の主流ですとDDR3が増えてきましたが、DDR2も未だに数多く出回っています。
上記三つはそれぞれ性能が違いますから購入の際はメモリの種類も同時に決定することになると思います。
これもCPU同様規格が違うと差し込めなくなるので注意が必要です。

ちなみにメモリの差込口は先程の画像ではここになります

9





・チップセットの種類
チップセットとは、マザーボード全体のシステムを制御する部分です。
マザーボードの性能はこのチップセットで決まると言っても過言ではありませんw
ですがあまり詳しい人ではない限り各チップセットの違いは使っててもよくわからないですw
なのでどれを使ってもあまりはっきりした違いは体感しにくいと思われます。
もしどんな種類があるのか気になる人はこちらのサイトに一覧がありますので見てみるといいと思いますw




・主要パーツの接続方法
HDDや光学ドライブやグラフィックボードなどは当然PC内部でマザーボードと繋がっています。
それらの接続方式は各々異なっています。
ここではパーツを流用せずオール新規でPCを組むことを前提に、今現在使用頻度の高い接続方法を説明したいと思います。


○PCI
グラフィックボードやサウンドカード、地デジチューナーなどの拡張カードを差し込むためのスロット。
最近までは主流だったものの現在は新規格のPCI Expressというスロットにほぼ完全に移行しています。
しかし未だにPCI接続のカードも販売してるため、もしものために知っておいてもいいと思いますw


○PCI Express
PCIに代わり現在主流の拡張カード用のスロット。
PCI Expressにはサイズがあります。
x2、x4、x8、x12、x16、x32の順で大きく(というか長く)なっていきます。
細かな説明は混乱を招きますので各々の違いは説明しませんが、それぞれ大きさが違うということだけ覚えといてください。


○IDE
HDDや光学ドライブなどの記録装置接続するコネクタ。
これもPCI同様最近までは主流でした。
しかしまだIDE接続のパーツも多いので知っておくべきだと思います。

IDEは接続するケーブルが独特なのでわかりやすいと思います。

IDEケーブル


○Serial ATA
SATAやシリアルATAと表記されることもあります。
IDEに打って変わる現在主流の規格です。
コネクタはIDEよりも小さいものの転送速度などは飛躍的に高いです。
新規にHDDを買うとなると大体はSATAになると思います。



大体上記の四つさえ知っておけば問題はありません。
あとは買おうとしているマザーボードにこれらが何個ついているかが問題となります。
この先色々と拡張する予定があるのであればこれらが沢山ある物を選べばいいということです。
たぶん一番悩みそうなのがSATAでしょうか。
そうそうないと思いますが内蔵型HDDを沢山つけ過ぎてコネクタが足りないなんてこともあります。
先を見越すことがうまい買い物に繋がりますw




・オンボード機能の有無
マザーボードにはオンボード機能というものがあります。
これは本来必要なはずのグラフィックボードやサウンドカードの機能が始めからマザーボードに搭載されている事をいいます。
サウンドカードについては大体どのマザーボードにも標準搭載されているので考える必要はありませんw

考えるべきはグラフィックボードです。
まだ説明はしていませんがグラフィックボードとは画像や動画の処理をCPUの代わりに受け持ってくれる装置です。
これがあるとないとではかなりの差があります。

オンボードグラフィックは普通のグラフィックカードよりも性能は劣ります。
しかしオンボードグラフィックにすることにより新たにグラフィックボードを買うよりもコストを抑えられます。
もし3Dゲームや映画などの高負荷高画質な物に手を出そうと思っているならば値は張りますがオンボード無しのマザーボードを買って、別途グラフィックボードを購入することをおすすめします。
適度にニコ動やYouTubeなどを見る程度でいいやって人はオンボードで十分だと思いますw





・見た目
すいません、正直これはどうでもいいですorz
ですがもし黒が基調なのにマザーボードが青かったりしてやだなぁって時は黒っぽいマザーボードを買えばいい的な話ですwww
実際私が今使ってるマザーボードは青いヒートシンクに惚れて購入しましたw
マザーボードにカラーバリエーションなんてものはありませんが性能と同時に見た目で選んでみても面白いと思いますよ私はwww




・付属ソフト
これは私がどうこう言う問題ではありませんが、重要なことです。
メーカーの中には付属ソフトが一切なかったり、逆にこれでもかといらんものばっかり付いてくるメーカーも有ります。
事前に調べてみるといいです。





大体抑えておく点はこんなもんでしょうか。

他にも「I/Oパネル」というPCの背面にあるUSBとかなんやらのコネクタの集まりにも色々ありますがどれもたいして変わらないので一応確認する程度でおkですw

I/Oパネルで一つだけちょっと見てもらいたいのがUSBです。

昨年USB3.0という新規格が発売されました。

これは現在一般的なUSB2.0よりも大幅に高速なデータ通信ができます。

USB1.0、USB2.0と互換性がありますので今まで使ってきたUSB接続の機器が使えないということもありません。

ですが発売したばかりなのであまり対応しているマザーボードは少ないですが、欲しいのであれば確認しておくべきだと思います。

まぁ対応したマザーボードを買わなくても拡張カードとして買えばいいんですけどねw




以上でマザーボードについての説明は終了しますが、どこのメーカーを買えばいいかわからないかと思います。

一概にここのを買えとは言えませんが、ASUS(アスース)というメーカーが他のパーツとの相性問題が少ないなどの理由で自作初心者向けとよく言われます。

私もASUSのマザーボードを使っていますが、性能や価格のバランスから言っても丁度いい気がしますw

ですがASUS以外にも良いメーカーはたくさんありますので皆さんもいろんな物を見て選んでみてはいかがでしょうか?w

ではここらで今日の講座は終わりたいと思います!!

次回は【メモリ】について説明していきたいと思います!!

それでわ

ノシ

最終回うpのお知らせ

皆さんどうもこんにちわ!!

このたび、遂に実況忍者龍剣伝が最終回を迎えることができました!!

長かったw

いや鬼畜だったw

前回から一ヶ月くらい間があいてしまいましたが

ここまで見てくださった方々、本当にありがとうございました!!

それでわ最終回、見て楽しんでいただければ幸いでございますw



次にやるゲームは決まってませんのでいつになるかはわかりませんが

その時まで

ノシ


P.S.
自作PC講座は続けていくのでよろしければそちらの方もよろしくお願いしますwww

Home

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。